member

2017年 MM倶楽部競技日程表

3月19(日)3月月例杯 
27(月)3月平日月例杯 
4月2(日)4月月例杯 
14(金)4月平日月例杯 
16(日)社長杯(予選) 
23(日)社長杯(決勝) 
30(日)シニア選手権(予選) 
5月7(日)シニア選手権(決勝) 
15(月)5月平日月例杯 
21(日)5月月例杯 
6月9(金)6月平日月例杯 
25(日)6月月例杯 
7月2(日)倶楽部選手権(予選) 
3(月)7月平日月例杯 
9(日)倶楽部選手権(1回戦) 
16(日)倶楽部選手権(準々決勝、準決勝) 
23(日)倶楽部選手権(決勝) 
23(日)7月月例杯 
8月20(日)8月月例杯 
25(金)8月平日月例杯 
27(日)キャプテン杯 
9月10(日)理事長杯(予選) 
11(月)9月平日月例杯 
17(日)理事長杯(決勝) 
24(日)9月月例杯 
10月9(月・祝)開場記念杯 
13(金)10月平日月例杯 
15(日)10月月例杯 
11月5(日)11月月例杯 
6(月)11月平日月例杯 
23(木・祝)倶楽部競技決勝大会 
12月3(日)ラストコール杯 
競技記録はこちら

2017年 開催競技内容

倶楽部競技は、各試合で上位よりポイントを付与(各競技のポイント配分はHPの競技規定参照)し、トータル10ポイント以上獲得した方が、杜の都倶楽部競技決勝大会の参加資格を得られます。年間獲得ポイント上位の方には賞品を用意いたします。

月例杯(日曜・平日)
18ホールズアンダーハンディ競技
社長杯
予選 18ホールズスクラッチ競技(予選カット有り)
本戦 18ホールズスクラッチ競技、予選、決勝の2日間トータルスコアで優勝者を決定

シニア選手権(55歳以上の方)
予選 18ホールズスクラッチ競技(予選カット有り)
本戦 18ホールズスクラッチ競技、予選・決勝の2日間トータルスコアで優勝者を決定

倶楽部選手権
予選 18ホールズスクラッチ競技
本戦 予選通過16名で実施。1,2回戦18ホールズマッチプレー。準決勝、決勝36ホールズマッチプレー。

キャプテン杯
オリジナルポイントターニー競技。イーグル8点、バーディ4点、パー2点、ボギー1点、ダブルボギー以上0点とし、獲得点数が一番多い方が優勝。(コースハンディに伴うハンディホール設定あり。)

理事長杯
予選、決勝合わせて36ホールのアンダーハンディ競技(予選カット有り)。

開場記念杯(ポイント対象外)
会員、会員同伴・紹介者だけの貸切で行うダブルペリア競技。各種各賞を用意しパーティも開催。

※各競技開催約1ヶ月前にHPに競技規定を掲載いたしますので詳細をご確認ください。
※HD未所持者は、HD取得の為に特定の競技へ参加することができます。その際、参加費は徴収しません。

2017年 競技実施規定

  1. 倶楽部主催競技は実施規定に従い運用される。
  2. 競技会参加は、JGA/USGAハンディキャップインデックス(以下HDI)を所持する者とする。
  3. プライベートラウンドスコアも常に提出し、HDIは適正に保つものとする。提出を怠り、実力が乖離している場合ペナルティスコアを運用する場合がある。
  4. HDI未所持者は、最新のスコアカード5枚(連盟認可他ゴルフ場も対象)を提出し、それを基に査定しHDIを与える。※HDI更新は毎月1日にJGAで行われる。
  5. 競技参加希望者は、当該競技開催日1ヶ月前から5日前までゴルフ倶楽部に電話又は直接申し込むこと。
  6. 競技は16名以上で成立し、16名未満の場合は参加人数に応じて入賞者を減ずる。
  7. 入賞者は表彰規定にて当日表彰する。
  8. 各競技で順位毎にポイントを付与し、通算10ポイント以上獲得した者に決勝大会の参加資格を与える。 ※ポイント配分はHP掲載競技規定を参照すること。
  9. 当倶楽部競技は、本規定・規則及び本競技のローカル・ルールによるものとし、その他の事項はJGAゴルフ規則による。規則の変更、追加等が発生した際はクラブハウス内に掲示する。

ハンディキャップインデックスの取得

  1. ハンディキャップインデックスの取得
    (1)提出するカードは、すべての採用可能カードとする。
    18ホール(13ホール以上)9ホール(7~12ホール)
    (2)プレーされた最新のスコアカード20枚中ベスト10枚
    (但し、5枚中1枚よりHDI取得可能)
    ・5~6枚(ベスト1枚)
    ・7~8枚(ベスト2枚)
    ・9~10枚(ベスト3枚)
    ・11~12枚(ベスト4枚)
    ・13~14枚(ベスト8枚)
    ・15~16枚(ベスト6枚)
    ・17枚(ベスト7枚)
    ・18枚(ベスト8枚)
    ・19枚(ベスト9枚)
    ・20枚(ベスト10枚)
    (3)HDCP更新日は毎月1日とする。
    (4)その他委細はJGAHPを参照すること。

表彰規定

  1. 各競技会において規定の順位に入賞した者は表彰式に必ず出席すること。入賞者が正当な理由なく表彰式を欠席したときは、入賞を取消し時点の繰上げ入賞とする。但し事前に申し出があり、やむを得ない事由と認められる時はその限りではない。
  2. 入賞資格は競技当日クラブハウスに掲示する。

MM倶楽部競技のローカルルール

倶楽部が主催する競技は2016年日本ゴルフ協会規則および倶楽部競技ローカル・ルールを適用する。この規則の適用にあたって一部に変更もしくは追加のある時は、その旨をスタート前に告知する。この規則違反は、ゴルフ規則で別に定められている場合を除き2罰打とする。

  1. アウト・オブ・バウンズの境界は白杭、修理地は青杭または白線をもって標示する。
  2. コース内の池は全てラテラル・ウォーター・ハザードとし、その限界は赤杭または赤線をもって標示する。
  3. スルー・ザ・グリーンに於いて、樹木の添木、支柱、轍跡、護岸自然石および全ての人工構作物は動かせない障害物とする。
  4. 電磁誘導カート用の軌道は全幅をもって人工の表面を持つ道路とする。
  5. 止まっている球が電磁誘導カートによって動かされてもプレーヤーに罰はなく、その球はプレーヤーが次のストロークをする前にリプレースしなければならない。動いている球が電磁誘導カートによって偶々方向を変えられたり止められた場合は誰にも罰はなく、その球はあるがままの状態でプレーしなければならない。但し、電磁誘導カートを共用しているプレーヤーの1人が指示または動かしているときは、そのカートとそれに載っているすべてそのプレーヤーの携帯品とみなす。
  6. プレー中いかなる場所でもカートへの乗車を認める。
  7. 乗用カート搭載の距離計測器および距離のみを計測する機器の使用を認める。多機能を有する機器は、委員会が距離のみの設定を確認できた場合に使用を認める。
  8. スルー・ザ・グリーンに於いて、球が打球の勢いで地面にくい込んでいるときは、罰なしに拾い上げ球を拭き、元の位置にできるだけ近く且つホールに近づかない箇所へドロップすることができる。
  9. ホールとホールの間では、プレーヤーはプレーを終えたばかりのパッティンググリーン上やその近くで練習ストロークをしてはならないし、球を転がすことによってパッティンググリーン面をテストしてはならない。